Blog Dating

出会い0の非モテ男だった僕が、たった6ヶ月で複数の女の子と同時に恋愛関係を持てるようになるまでの道のり

更新日:

どうも、はじめまして。ゆうぴょんです。

昨年の8月まで僕は都内で冴えないサラリーマン生活を送っていました。出会いもなく彼女もいなく、週末は「pornhub」や「xvideos」、「テンガ」等々を楽しむくらいしかありませんでした。そんな僕も今では、毎週のように新しい出会いがあり、複数の女の子と同時に関係を持つことが当たり前になりました。何が僕をそこまで変貌させたのか。その道のりを少し紹介したいと思います。

1. アラサーになった瞬間、僕の人生は停滞した。

僕は20代中盤くらいまでは人並みに楽しい人生を送っていました。しかし、アラサーになると周りは結婚生活で忙しくなり、独身の僕は一人寂しく取り残されてしまいました。僕はもともと、社交的でないばかりか、極度のあがり症で、かつ人見知りでした。初対面の方には自分から話しかけに行くことも、目を合わせることもできませんでした。気づいたら彼女はもちろん友達すらもいなくなり、生で女の子と接触する機会といえば、当時通っていたガールズバーくらいでした。まさに、恋愛市場のド底辺を這いつくばっていたのです。

2. 運命的な出会い

昨年の8月、とあるtwitterのアカウントに出会いました。恋愛業界では有名なインフルエンサーのPuANDAさん(@shoichirosm)です。ご存知の方も多いかと思いますが、PuANDAさんのツイートからは「モテオーラ」が半端なく滲み出ていますよね。女に飢えていた僕は、吸い込まれるように彼のツイートを読み漁りました。そして、彼と後で紹介するもう二人の恋愛マスターとが運営する「恋愛コンサル」に辿り着きました。「恋愛コンサル」とは端的にいうと、PuANDAさん含む三人の恋愛マスターがアドバイスしながら、非モテ男を究極のモテ男に仕上げるという夢のような活動です。僕は迷わずパンダさんへコンタクトをとり、入会しました。

3. 「恋愛コンサル」の衝撃

「恋愛コンサル」に加入してまもなく、恋愛マスターの一人であるムッタさん(@jigo_sg)と、都内某所のナンパスポットとして知られているバーでお会いできることになりました。ムッタさんとバーで合流して挨拶を交わしたその直後、彼は横にいた二人組みの女の子に声をかけて華麗なるトークを繰り広げていました。女の子も終始笑いながら、ムッタさんとの会話を楽しんでいる様子でした。数分後にはLINEの交換や後日の合コンの約束まで取り付けていたのです。

4. 地蔵からのスタート

ムッタさんとの合流後、「僕もこうなりたい!」と強く思うようになりました。8月から10月くらいまでの2か月間、様々なナンパスポットやバーに出向いて、「まずは自分から声をかけよう」といろいろな女性に声をかけるよう努力してみました。初めは決心してバーに行くものの、結局はびびって声をかけられずに帰ってくるという日々が続きました。

3週間くらいして、初の声がけに成功しました。しかし、声をかけるだけで心臓はバクバク、喉はカラカラというほどに緊張して、全くうまく話すことができません。そのときは、ほんの少しだけ会話をしてそこで終わり、という結果に終わりました。

5. LINE交換までのプロセスが脳内で体系化し始める

 後日、もう一人の恋愛マスターであるオンクさん(@ it_warrior_onc)と合流する機会がありました。オンクさんは極めて論理的な思考の持ち主でした。僕の問題点を分解しながら、わかりやすくアドバイスをしてくださいました。アドバイスをいただいてから、僕の頭の中で何かがつながったようで、徐々に女性の方とLINEの交換ができるようになりました。その後、僕は日々ナンパスポットに繰り出し、合計40名くらいの方とLINE交換を行うことができました。

6. また壁にぶち当たる。そして奇跡が起こる

 そこで次の壁が待ち受けていました。LINE交換まではできるのですが、その後へ発展しないのです。そこからデートに発展することができたのは、一人もいませんでした。つまり、その場限りということですね。壁にぶち当たっていた僕は、パンダさんと直接お話する機会をいただきました。パンダさんからはいろいろとアドバイスをいただきました。中でも「まあ、結局なんでもいいから楽しんでいる振りをすればいいんだよ」と軽い感じで背中を押してくださったのは大きかったです。

その後12月に入り、僕はナンパで出会った女の子六人とデートをして、三人と関係を持ちました。この活動を始めてからいきなり成果が出始めて、自分でもかなりびっくりでした。まさに、奇跡的な出来事でした。

7. ライフスタイルの変化

調子が乗ってきた僕は、毎週どこかに繰り出し、新しい子と出会い、デートすることを繰り返しました。今は彼女とセフレが複数います。今の関係がなくなっても、またすぐ街に出れば見つかるという自信もつきました。正直、この状態にはかなり満足していますが、今では出会いよりも、その仕組みの解明の方に興味を持つようになりました。毎週フィールドワークとして都内のナンパスポットに繰り出しています。

8. モテたいなら、まずはモテる人と積極的に接触をとるべき

近年、恋愛工学やPUAコミュニティの発展により、女性を口説くノウハウやテクニックはネット上に溢れています。ただ、最速で非モテ男を脱してモテの道に入りたければ、実際にモテる人に会って、その人たちのオーラを吸収することをお勧めします。中でも、この記事で紹介した三人は神秘的な力を持っています。出会いを増やしたいがどこから始めていいかわからない方、活動をしているが成果がなかなか出ない方はぜひ、彼らのtwitterのフォローからでもスタートしてみてください。人生が劇的に変わりますよ。

-Blog, Dating

Copyright© ゆうぴょん's Blog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.